反抗期でのしつけ方|犬のしつけ方.net

犬のしつけ方.netでは、本当に正しい しつけ方についての解説をしています。

反抗期でのしつけ方

犬は生後5ヶ月〜1年の間に反抗期がおとずれます。もちろん、5ヶ月前は従順かというとそうではなく、色んな本能や衝動にもとずく、飼い主さんを試す行動をとります。

分かりやすい反抗期の行動が、あまがみ、要求吠え、服を引っ張るなどです。その反応を見て感じて、「この人は自分にとってどういう存在か」ということを試し確認します。
また人間の子もそうですが、独立心が出てくるのと、世の中でやっても良い事・悪い事を確認する行為をします。

さらに、この時期は歯の生え変わりもあり、成長ホルモンなどの変化が激しくイライラします。

初めて犬を飼う飼い主さんにはチョット分かりずらい反抗期の行動ですが、ゴハンを食べない時があります。
「あれだけ食べ物に執着心があった子なのに・・具合が悪いのかな〜?・・」

しかし元気に走り回っています・・これが反抗期の行動です。
「ゴハンを残したらもっと美味しいものがもらえるかも」、「この人は要求に応えるかな〜?」と犬は試します。

だから普段オヤツを与えないことです。トッピングや人間のおかずもいけません。幼犬時は食事回数を多くに分割するのでそれで十分です。
オヤツをあげるくらいなら、骨ガムを与えたほうが歯やアゴの発達にも、ストレス解消にも良いです。

反抗期の行動には、毅然とした態度で対応するべきです。ゴハンを食べないのならすぐに下げて、その日は与えないほうが良いです。(※次の日も食べない、元気が無いなどの場合は必ず獣医さんにみせてください。)

犬の反抗期には、しっかりとした しつけ方をしないと主従関係が逆転してしまい、それが続いた場合には直すのにとてつもない時間と労力が必要になってしまいます。

>> 犬のしつけ方をもっと詳しく学びたい方はこちら