犬のしつけで「英語が良い」はウソ!

犬のしつけ方.netでは、本当に正しいしつけ方についての解説をしています。

犬のしつけで「英語が良い」はウソ!なんです

犬のしつけをする時には、指示は「英語が良い」と聞くことがあるかもしれませんが、実はこれは半分ウソなんです。

なぜ英語が良いと言われるかというと、単語が短く「音」に近いから・語頭をハッキリ発音するから・日本語と周波数が違うから・なんです。

犬は人間の言葉そのものを理解しているわけではないのです。犬のしつけを受ける中で、音の種類で聞き分け、その音と自分の行動が一致した時に褒められ関連付けされることで覚えます。

ですので、指示は必ず短い「音」に近づけることと、語頭をハッキリ強く言うことです。だから、言葉でなくても「チチチ」などでも覚えてくれます。

日本人が正しくない発音の英語で言ったとしても、犬のしつけとしてはプラスになってはいません。日本語だって、「オテ!」「マテ!」「コイ!」「フセ!」と、短くハッキリ言ってあげれば良いだけの話です。

それから、お一人で犬を飼っているのなら英語でも韓国語でも何語でも良いのですが、子供さんや年配の方が家族に居る場合は、家族みんなで統一して使えないと意味がなくなってしまいます。

また、犬のしつけでは言葉だけでなく、むしろ動きのあるジェスチャーの方が有効です。犬は動体視力が優れているのと、動きに釣られる面もあるからです。

ですので、犬のしつけで物事を覚えさせる時は、短いハッキリした指示音とジェスチャーを同時に出し、犬の良い行動と関連付けて褒めてあげることが重要なのです。

はっきり申し上げますが、犬のしつけは英語を使えば良くなる・・ということはありません。

そんなことよりも、犬はあなたの態度しぐさ接し方すべてを見て感じて、反応しているということを知っていますか? 間違った接し方をされているから、犬があなたの言う事を聞かないのです・・

>> 犬のしつけ方をもっと詳しく学びたい方はこちら